楽天カードの海外キャッシングでリボ払い以外の返済方法はないか

楽天カードを愛用しています。よく友達と海外へ行くので海外キャッシングも利用しているのですが、毎回、リボ払いになります。リボ払いは金利が高いと聞いたのですが、リボ払い以外の返済方法はなのでしょうか?

リボ払いは早く返済すれば手数料も少なくなります

楽天カードは年会費が無料、ポイントが貯まりやすいことで知られてることもあって人気のカードですね。もちろん海外キャッシングでも便利にお使いになっていることと思います。

海外キャッシングの返済はリボ払いしかありません。リボ払いは、毎月の返済額を決めることができるので借りたり返したりしながら利用するのに向いていますが、金利手数料が高いのではないか、とよく言われます。

どうして金利手数料が高くなるのでしょうか? 楽天カードの場合、リボ払いは最低の毎月の返済額が20万円以下の利用で毎月5000円以上、20万円を超えると毎月1万円以上で利用者が設定できます。金利手数料は15%(実質年利)。

「残高スライド定額リボルビング方式」と呼ばれる方法なので、たとえば8万円のシッピングをして、毎月3万円返済にすると、1回目は残高8万円の15%の金利の1か月分が手数料としてかかります。3万円プラス手数料1000円となります。2回目は残高5万円の手数料625円を上乗せして30650円の返済。3回目は残高2万円と手数料で完済です。

ただし、リボ払いの特徴として返済している間にリボ払いでのシッピングをするとこの残高が増えていくことになります。返済額は一定ですが、残高が増えればそれだけ手数料も増えるので「すごく金利が高い」と感じるわけです。

もっともよくないのは、そのうちに自分がいくらの残高があるのかよくわからないままに、毎月の返済額が一定だからと濫用してしまうと、いつまでも完済できず、金利手数料を払い続ける状態になってしまうこと。

それを回避するために、リボ払いの返済額を増やすこともできますし、臨時で増やすこともできます。楽天e-NAVIに入って、残高のうち、返済できるだけ返済してしまうことも可能です。つまり全部を返済してもいいわけです。

リボ払いはこのように、早く返済すればするほど金利手数料を節約できるので、余裕があるときにできるだけ返済するようにしてください。それによってキャッシング限度額に達しないようにもできるわけですから、本当に「いざという時」に借りられる余力を十分にとっておくのが賢い利用方法です。

楽天カードの海外キャッシング利用はリボ払い

楽天カードは海外キャッシングが便利です。世界主要都市の空港、銀行のATMから日本にいる際と同じ操作で、現地の通貨を現金で引き出せるので便利です。現地通貨が引き出せるということは、両替をする必要もありませんし、トラベラーズチェックを購入する手間もありませんので、とても便利です。楽天カードの海外キャッシングはいつも利用しているクレジットカードを使って、海外旅行中、出張中も手軽にATMから利用できて便利です。国際ブランドがそれぞれにクレジットカードには付帯していますが、その国際ブランドの表示があるATMで使えます。支払い方法は自動設定されますのでご注意ください。外国で利用する際は暗証番号が必要ですので、あらかじめ確認した上で行くといいでしょう。

飛行機の出発時間まであまり時間がなくて両替できない人、夜中に旅行先に到着したために両替所が開いていなくて利用できない人、帰国間際になって現地通貨が足りなくなったがいまさら両替するのが面倒な人も、楽天カードなら便利にキャッシングできます。現地に到着してからカードで現地通貨が引き出せるので便利ですし、おなかの到着でも現地ATMなら24時間いつでも現地通貨が引き出せます。出発間際の現地通貨の不足、小額でもキャッシングを利用すれば便利です。

日本で多めに両替をして持っていくのは不安があります。しかし楽天カードのキャッシングなら現地のATMから手軽に小額のみの現地通貨も引き出せるので便利です。

支払い方法は、一括ではありません。外国での利用は利用データが到着するまでに時間がかかるので、通常国内で利用した場合とは違う請求月になる場合もあります。リボ払いは利用金額、利用件数に関係なく毎月一定額の支払いができる方法です。毎月の支払い元金は、あらかじめ手持ちのカードで設定されているコースにより違いがあります。コースを指定していない人、または2万円未満に設定している人は、月末の残高が20万円以上になればコースは自動で2万円になります。入会時に指定していない人は1万円に設定されている場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 発見!審査におちないキャッシングはコレかも?【あなたも安心】 All Rights Reserved.