夫がカードローンで借金しているとわかったときの正しい行動とは

最近、ふとしたことで夫がカードローンで借金していることがわかりました。「付き合いがあるからしょうがない」と言います。小遣いの範囲を超えた交際費用で使っているようなのです。私としては心配でなりません。こういう場合に正しい行動とは?

早期返済を最優先にしてください

黙って夫がカードローンで借り入れをしていた、というショック。簡単に借りられるから、奥さんに相談するよりも先に、とりあえず借りてしまう気持ちもわからないではありません。ですが、夫婦は共に暮らして生計を立てていく、いわば共同経営者なのですから、黙って借り入れをする行為はあまりいいことではありません。

もっとも落語などでもお馴染みように、金銭感覚の乏しい夫を支え続ける妻といったお話が語り継がれている点をみれば、こうした夫婦の悩みはいつの時代にもあるものなのでしょう。

カードローンは確かに給与所得のある人にとっては、審査も通りやすく、手軽に利用できてしまうため、身勝手な理屈かもしれませんが、奥さんに心配させたくなくて借りてしまったのかもしれません。ただ、理由をいくら詮索しても、またそうした行動を非難するだけでも、解決は一層、遠くなってしまう可能性がありますから、「心配だけど、なにをしていいのかわからない」となってしまうことに陥りやすいのです。

ただ、古今東西、お金については唯一の原則があります。お金の事はお金で解決すること。お金の事をお金以外(人情とか)で解決しようとすると、あとあとさらに大きなトラブルに発展しかねないのです。ここは、お怒りの部分はまず置いておき、お金の事だけに注目して解決してしまうことです。

カードローンは金利18%程度があたりまえなので、返済に長くかかるとそれだけ金利負担が余計にかかるものです。短期に返済するならともかく、長期化がもっともよくありません。

カードローンの残金がいくらあって、いまどのような返済をしているのか確認してください。そして預金を取り崩してでも、できるだけ早く返済しましょう。よく「そんな甘い顔をしてはいけない」と言う人がいます。金遣いの荒い夫のために妻が返済に回る、ということを嫌う人たちです。心情的にはわかりますが、金銭的には実はそれほどいけない行為でもありません。第三者から借りているお金をまず肩代わりして、当事者であるパートナー同士の話だけにすることで、問題を切り分けることができます。

また借り入れをしているのに、ムダな支出をしているようなら、それを返済に充てるようにすることも重要です。一方でたいした金利もつかない預金をしていて、一方で高い金利を払う借り入れをしている、というのはまったくおかしな行動です。

まずは借り入れをきれいにしてから、夫婦でこれからのことを話し合うのがいいと思います。その逆をすると問題はさらにこじれてしまう可能性があります。

主婦は夫の収入でカードローンの申し込みをすると便利

主婦がカードローンの申し込みをする時、色々な選択支があります。基本的に自分に稼ぎがあるなら何も問題なく申し込みをすることができますが、一般的には家事をこなす必要があるので、仕事をしてしっかりと収入を得ている人は少ないものです。そんな人でも夫の収入で申し込みをすると、審査に合格しやすくなるので便利です。

主婦にとって最も審査に合格しやすいケースは夫の収入からの申し込みだと言えます。夫にしっかりと安定した稼ぎがあるならば、それは何も問題なく審査に合格することができるので、必要書類を確認して夫の給与明細や源泉徴収などを揃えておくと良いです。なかなか審査に合格できないという主婦は一度夫に相談をして、二人で申し込みをするかどうかを考えてみると良いです。

上記のように主婦は夫の収入を頼りにして申し込みをするのが便利ですが、それ以外にも選択肢があります。人によっては申し込みをすることを反対されてしまうケースもあるもので、そのようなときは自分がアルバイトやパートを行なって稼いでいる収入で申し込みをせざる終えません。基本的に収入があるなら限度額を低くすることで、審査は合格しやすくなります。また、会社によって審査基準が低いところがあるので、そうした会社を利用することでも審査は合格しやすくなってきます。

問題は全く稼ぎがない主婦、つまり専業主婦で家族の収入を頼りにせず、自分で申し込めるかどうかです。この場合でもカードローンを利用することは不可能ではありません。ポイントになるのが収入なので、会社選びにおいて収入を問われない会社を選ぶと良いです。収入を問われないというのは申し込みをする時に収入証明が不要になっている会社なので、銀行等をチェックしてみると良いです。そして、この場合の限度額はもちろん小口融資になるので、その点は理解しておくことが大切です。

主婦の場合は上記のように色々な選択支があるのでしっかりと最善の申し込みを選びたいところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 発見!審査におちないキャッシングはコレかも?【あなたも安心】 All Rights Reserved.